藍とトチノキと彼女

国営武蔵丘陵森林公園での草木染体験は昨年で3年経ったことで

今年は「季節の草木染」として季節ごとの開催の予定で準備していました。

初夏のテーマは「トチノキ」だったのですがコロナ禍のため残念ながら中止。

春の出店も全て中止だし、こんな時こそ作業だ~と思っていたある日

公園スタッフのお嬢さんが「やっぱり染めたいです」と

トチノキの葉っぱをたくさん抱えてやってきました。

totinokisome 3

藍の乾燥葉も染めてみたいということで

まずは去年いただいた公園の藍の乾燥葉を使ってTシャツ!

seki aiTsyut

藍で染めてからトチノキのアルミ媒染で黄色を重ねた綿麻のストールは

ふんわり優しげに染まりました。

seki ai kasane menasa

なかなか会いに行けない大切な人のために染めた藍のマフラーは

きれいなグラデーションで爽やかな印象です。

20 6 seki ai

私にとっては娘のような年頃の彼女は、しっかり者で明るくて

今さらながら「こんな人になりたいな」と思わせてくれるステキなお嬢さん。

いくつになってもこんな出会いができる事に感謝しつつ

若い彼女たちが安心して幸せに暮らしていける世の中であってほしいと

心から思う昨今です。

秋の草木染は「ドングリ」開催に向けて試行錯誤が続きます。

 

こちらの草木染麻ひもバッグ。

藍でムラ染にした麻ひもにトチノキの黄色を重ねてみました。

ストールとはまた違う風合いと微妙な色合いです。

ai & tochi bag

不安定な天気が続いています。

どうぞ皆様ご自愛下さいませ。

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です